Stock Analysis on Net

Automatic Data Processing Inc. (NASDAQ:ADP)

有料ユーザーゾーン。データは背後に隠されています:

  • Automatic Data ProcessingInc。への1か月のアクセスを15.99ドルで注文する 、 また

  • 49.99ドルから少なくとも3か月間、Webサイト全体へのフルアクセスを注文します。


私たちは受け入れます:

Visa Mastercard American Express Maestro Discover JCB PayPal Apple Pay Google Pay
Verified by Visa MasterCard SecureCode American Express SafeKey

これは1回限りの支払いです。自動更新はありません。


会社概要

自動データ処理株式会社に関する基本情報。


財務諸表

損益計算書

損益計算書(損益計算書)は、Automatic Data Processing Inc.の業績、その営業活動の結果を報告します。

包括利益計算書

包括利益とは、非所有者からの取引やその他の出来事や状況による、期間中のAutomatic Data Processing Inc.の資本(純資産)の変化です。これには、所有者による投資および所有者への分配に起因するものを除く、期間中のすべての資本の変動が含まれます。

貸借対照表:資産

資産は、Automatic Data ProcessingInc。が所有または管理するリソースの主要なクラスと量を報告します。

貸借対照表:負債と株主資本

負債と株主資本は、資産と所有者の資本拠出、およびその他の内部で生成された資本源に関する外部請求の主要なクラスと金額を報告します。

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は、会計期間中のAutomatic Data Processing Inc.の現金受領と現金支払いに関する情報を提供し、これらのキャッシュフローがAutomatic Data ProcessingInc。の貸借対照表に示されている開始残高に終了現金残高をどのようにリンクするかを示します。


財務諸表の構造

損益計算書の構造

総売上高のパーセンテージとして表示される損益計算書の構成要素(収益と費用)。

貸借対照表の構造:資産

総資産のパーセンテージとして表示される資産コンポーネント。

貸借対照表の構造:負債と株主資本

負債と株主資本の合計のパーセンテージとして示される負債と株主資本の構成要素。


財務比率の分析

短期活動比率の分析

Automatic Data Processing Inc.の資産によって生み出された収益と出力を評価します。運用パフォーマンス比率は、Automatic Data ProcessingInc。の運用レベルと運用活動を維持するために必要な資産との関係を表します。

長期活動率の分析

Automatic Data ProcessingInc。が固定資産または総資産への投資から収益をどれだけ効率的に生み出すかを測定します。


相対評価

普通株式の評価比率

相対評価手法は、株価を収益や簿価などの株価に影響を与える関連変数と比較するいくつかの相対比率に基づいて、類似のエンティティ(業界やセクターなど)と比較することにより、Automatic Data ProcessingInc。の価値を決定します。価値、および売上高。

企業価値 (EV)

企業価値は、会社の総価値(普通株式、負債、優先株式の市場価値)から現金と短期投資の価値を差し引いたものです。

企業価値をEBITDAで割ったもの (EV/EBITDA)

EBITDAアナリストを計算するには、純利益から始めます。その収益数に、利息、税金、減価償却、および償却が追加されます。利息前の数値としてのEBITDAは、すべての資本提供者への流れです。

企業価値をFCFFで割ったもの (EV/FCFF)

会社へのフリーキャッシュフローは、すべての営業費用が支払われ、作業資本と固定資本に必要な投資が行われた後、Automatic Data ProcessingInc。の資本のサプライヤーが利用できるキャッシュフローです。

価格をFCFEで割った値 (P/FCFE)

エクイティへのフリーキャッシュフローは、すべての営業費用、利息、元本の支払いが行われ、作業資本と固定資本に必要な投資が行われた後、Automatic Data ProcessingInc。の株主が利用できるキャッシュフローです。


割引キャッシュフロー評価 (DCF)

資本資産価格モデル (CAPM)

CAPMは、資産の体系的なリスクレベルに基づいて、リスクのある資産の期待収益率を導き出すことに集中した理論です。システマティックリスクは、すべてのリスクのある資産に影響を与えるマクロ経済的要因に起因するリターンの変動性です。多様化によって排除することはできません。

配当割引モデル (DDM)

配当割引モデル(DDM)は、Automatic Data ProcessingInc。の普通株式発行株式の価値を将来のすべての配当の現在価値として見積もる手法です。

会社へのフリーキャッシュフローの現在価値 (FCFF)

FCFF評価アプローチは、加重平均資本コスト(WACC)で割り引いた将来のFCFFの現在価値として企業の価値を推定します。

エクイティへのフリーキャッシュフローの現在価値 (FCFE)

FCFE評価アプローチでは、必要な資本収益率で割り引いた将来のFCFEの現在価値として、資本の価値を見積もっています。


経済付加価値 (EVA)

経済付加価値 (EVA)

税引き後の純営業利益を総資本コストと比較する内部管理パフォーマンス指標。自動データ処理株式会社のプロジェクトが管理パフォーマンスの兆候としてどれほど収益性が高いかを示します。

市場付加価値 (MVA)

市場付加価値は、Automatic Data ProcessingInc。がすでに企業に投入しているリソースを超えて生み出した価値の尺度です。


長期的な傾向

現在の流動比率
2005年以降

流動資産を流動負債で割ったものとして計算された自動データ処理株式会社の流動比率。

負債を株主資本で割ったもの
2005年以降

総負債を総株主資本で割って計算されたAutomaticData ProcessingInc。のソルベンシー比率。

純利益率
2005年以降

純利益を収益で割ったものとして計算されたAutomaticData ProcessingInc。の収益率。

株主資本利益率 (ROE)
2005年以降

純利益を株主資本で割ったものとして計算されたAutomaticData ProcessingInc。の収益性比率。

総資産利益率 (ROA)
2005年以降

純利益を総資産で割ったものとして計算されたAutomaticData ProcessingInc。の収益率。

価格を純利益で割ったもの (P/E)
2005年以降

株価収益率は、Automatic Data ProcessingInc。の普通株への投資家が現在の収益1ドルあたりに支払う金額をアナリストに示します。

価格を収益で割ったもの (P/S)
2005年以降

P / S比率の理論的根拠は、損益計算書のトップラインとしての売上高は、一般にEPSや簿価などの他のファンダメンタルズよりも歪みや操作の影響を受けにくいということです。また、売上高は収益よりも安定しており、マイナスになることはありません。

価格を簿価で割ったもの (P/BV)
2005年以降

株価純資産倍率は、Automatic Data ProcessingInc。の必要な収益率と実際の収益率との関係に関する市場の判断の指標として解釈されます。


財務諸表の構成要素の分析


財務報告の質

疑わしい売掛金の分析

回収不能と見積もられている売掛金は、貸倒れまたは貸倒引当金と呼ばれます。

総見越額

財務報告の品質は、Automatic Data Processing Inc.の報告された財務諸表がその業績を反映する精度と、将来のキャッシュフローを予測するための有用性に関連しています。
Automatic Data ProcessingInc。の収益の見越額コンポーネントの測定値を導き出す見越額の合計。