Stock Analysis on Net

ConocoPhillips (NYSE:COP)

$19.99

在庫の分析

Microsoft Excel

有料ユーザーのためのエリア

データは背後に隠されています:

  • 19.99ドルで ConocoPhillips への1ヶ月間のアクセスを注文 又は

  • 49.99ドルから少なくとも3ヶ月間、ウェブサイト全体へのフルアクセスを注文してください。

これは 1 回限りの支払いです。自動更新はありません。


私たちは受け入れます:

Visa Mastercard American Express Maestro Discover JCB PayPal Apple Pay Google Pay
Visa Secure Mastercard Identity Check American Express SafeKey

在庫開示

ConocoPhillips、貸借対照表: 在庫

単位:百万米ドル

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
原油・天然ガス
材料と消耗品
在庫

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

コンポーネント 形容 会社概要
在庫 1年以内に売却または消費される予定の在庫の評価後の金額およびLIFO引当金(長い場合)。 ConocoPhillipsの在庫は2019年から2020年にかけて減少したが、2020年から2021年にかけて2019年の水準を上回った。

在庫の調整: LIFO から FIFO への変換

LIFO 在庫の FIFO 原価への調整

単位:百万米ドル

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
在庫の調整
LIFO での在庫 (調整前)
もっとその: LIFOリザーブ
FIFO での在庫 (調整後)
流動資産への調整
流動資産(調整前)
もっとその: LIFOリザーブ
流動資産(調整後)
総資産に対する調整
総資産(調整前)
もっとその: LIFOリザーブ
総資産(調整後)
普通株主資本の調整
普通株主資本(調整前)
もっとその: LIFOリザーブ
普通株主資本(調整後)
コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失)の調整
コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失)(調整前)
もっとその: LIFOリザーブの増加(減少)
コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失)(調整後)

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

LIFOの代わりにFIFO在庫方法を使用した場合、2021/12/31のConocoPhillips在庫額は1,459 ドル(百万単位)になります。2021/12/31のLIFOベースで評価されたコノコフィリップスの在庫は$1,208 でした。代わりにFIFO法が使用されていた場合、ConocoPhillips在庫は2021 /12/31で報告されたよりも251ドル高かったでしょう。


ConocoPhillips、財務データ:報告済み対調整済み


調整後の財務比率: LIFO vs. FIFO (概要)

ConocoPhillips、調整済み財務比率

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
現在の流動性比率
現在の流動性比率(未調整) (LIFO)
現在の流動性比率(調整済み) (FIFO)
純利益率
純利益率(未調整) (LIFO)
純利益率(調整済み) (FIFO)
総資産回転率
総資産回転率(未調整) (LIFO)
総資産回転率(調整済み) (FIFO)
財務レバレッジ比率
財務レバレッジ比率(未調整) (LIFO)
財務レバレッジ比率(調整済み) (FIFO)
株主資本利益率 (ROE)
株主資本利益率(未調整) (LIFO)
株主資本利益率(調整後) (FIFO)
資産利益率 (ROA)
資産利益率(未調整) (LIFO)
資産利益率(調整済み) (FIFO)

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

財務比率 形容 会社概要
現在の流動性比率(調整済み) 調整流動資産を流動負債で割った値として計算される流動性比率。 現在の ConocoPhillips の流動性比率(調整済み)は、2019年から2020年にかけて、2020年から2021年にかけて悪化した。
純利益率(調整済み) 調整後純利益を収益で割った値として計算される収益性の指標。 ConocoPhillipsの純利益率(調整済み)は2019年から2020年にかけて悪化しましたが、2020年から2021年にかけて改善し、2019年の水準に達しませんでした。
総資産回転率(調整済み) 総収益を調整総資産で割った値として計算された活動比率。 資産回転率(調整後)の ConocoPhillips 総資産回転率(調整済み)は、2019年から2020年にかけて悪化したが、2020年から2021年にかけて2019年の水準を上回った。
財務レバレッジ比率(調整済み) 調整後総資産を調整後総資本で割った値として計算された財務レバレッジの尺度。
財務レバレッジとは、会社が負債の使用を通じて、営業利益の所定の比例変化よりも大きい普通株式利益率の比例的な変化をもたらすことができる程度です。
ConocoPhillipsの金融レバレッジ比率(調整済み)は、2019年から2020年にかけて増加しましたが、その後、2020年から2021年にかけて大幅に低下しました。
株主資本利益率(調整後) 調整後純利益を調整後株主資本で割った値として計算される収益性比率。 株主資本利益率(調整後)の ConocoPhillips は2019年から2020年にかけて悪化したが、2020年から2021年にかけて2019年の水準に達しなかった。
資産利益率(調整済み) 調整後純利益を調整後総資産で割った値として計算された収益性比率。 ConocoPhillipsの資産利益率(調整済み)は2019年から2020年にかけて悪化したが、2020年から2021年にかけて2019年の水準に達していない。

ConocoPhillips、財務比率:報告済み対調整済み


現在の流動性比率(調整済み)

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
調整前
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
流動資産
流動負債
流動性比率
現在の流動性比率1
LIFO から FIFO への変換後
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
調整済み流動資産
流動負債
流動性比率
現在の流動性比率(調整済み)2

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

2021 計算

1 現在の流動性比率 = 流動資産 ÷ 流動負債
= ÷ =

2 現在の流動性比率(調整済み) = 調整済み流動資産 ÷ 流動負債
= ÷ =

流動性比率 形容 会社概要
現在の流動性比率(調整済み) 調整流動資産を流動負債で割った値として計算される流動性比率。 現在の ConocoPhillips の流動性比率(調整済み)は、2019年から2020年にかけて、2020年から2021年にかけて悪化した。

純利益率(調整済み)

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
調整前
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失)
売上高およびその他の営業収益
収益性比
純利益率1
LIFO から FIFO への変換後
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
コノコフィリップスに帰属する調整後当期純利益(損失)
売上高およびその他の営業収益
収益性比
純利益率(調整済み)2

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

2021 計算

1 純利益率 = 100 × コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失) ÷ 売上高およびその他の営業収益
= 100 × ÷ =

2 純利益率(調整済み) = 100 × コノコフィリップスに帰属する調整後当期純利益(損失) ÷ 売上高およびその他の営業収益
= 100 × ÷ =

収益性比 形容 会社概要
純利益率(調整済み) 調整後純利益を収益で割った値として計算される収益性の指標。 ConocoPhillipsの純利益率(調整済み)は2019年から2020年にかけて悪化しましたが、2020年から2021年にかけて改善し、2019年の水準に達しませんでした。

総資産回転率(調整済み)

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
調整前
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
売上高およびその他の営業収益
総資産
活動比率
総資産回転率1
LIFO から FIFO への変換後
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
売上高およびその他の営業収益
調整後総資産
活動比率
総資産回転率(調整済み)2

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

2021 計算

1 総資産回転率 = 売上高およびその他の営業収益 ÷ 総資産
= ÷ =

2 総資産回転率(調整済み) = 売上高およびその他の営業収益 ÷ 調整後総資産
= ÷ =

活動比率 形容 会社概要
総資産回転率(調整済み) 総収益を調整総資産で割った値として計算された活動比率。 資産回転率(調整後)の ConocoPhillips 総資産回転率(調整済み)は、2019年から2020年にかけて悪化したが、2020年から2021年にかけて2019年の水準を上回った。

財務レバレッジ比率(調整済み)

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
調整前
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
総資産
普通株主資本
ソルベンシー比率
財務レバレッジ比率1
LIFO から FIFO への変換後
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
調整後総資産
調整後普通株主資本
ソルベンシー比率
財務レバレッジ比率(調整済み)2

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

2021 計算

1 財務レバレッジ比率 = 総資産 ÷ 普通株主資本
= ÷ =

2 財務レバレッジ比率(調整済み) = 調整後総資産 ÷ 調整後普通株主資本
= ÷ =

ソルベンシー比率 形容 会社概要
財務レバレッジ比率(調整済み) 調整後総資産を調整後総資本で割った値として計算された財務レバレッジの尺度。
財務レバレッジとは、会社が負債の使用を通じて、営業利益の所定の比例変化よりも大きい普通株式利益率の比例的な変化をもたらすことができる程度です。
ConocoPhillipsの金融レバレッジ比率(調整済み)は、2019年から2020年にかけて増加しましたが、その後、2020年から2021年にかけて大幅に低下しました。

株主資本利益率 (ROE) (調整済み)

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
調整前
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失)
普通株主資本
収益性比
ROE1
LIFO から FIFO への変換後
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
コノコフィリップスに帰属する調整後当期純利益(損失)
調整後普通株主資本
収益性比
株主資本利益率(調整後)2

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

2021 計算

1 ROE = 100 × コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失) ÷ 普通株主資本
= 100 × ÷ =

2 株主資本利益率(調整後) = 100 × コノコフィリップスに帰属する調整後当期純利益(損失) ÷ 調整後普通株主資本
= 100 × ÷ =

収益性比 形容 会社概要
株主資本利益率(調整後) 調整後純利益を調整後株主資本で割った値として計算される収益性比率。 株主資本利益率(調整後)の ConocoPhillips は2019年から2020年にかけて悪化したが、2020年から2021年にかけて2019年の水準に達しなかった。

資産利益率 (ROA) (調整済み)

Microsoft Excel
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
調整前
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失)
総資産
収益性比
ROA1
LIFO から FIFO への変換後
選択された財務データ (単位:百万米ドル)
コノコフィリップスに帰属する調整後当期純利益(損失)
調整後総資産
収益性比
資産利益率(調整済み)2

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31), 10-K (報告日: 2018-12-31), 10-K (報告日: 2017-12-31)

2021 計算

1 ROA = 100 × コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失) ÷ 総資産
= 100 × ÷ =

2 資産利益率(調整済み) = 100 × コノコフィリップスに帰属する調整後当期純利益(損失) ÷ 調整後総資産
= 100 × ÷ =

収益性比 形容 会社概要
資産利益率(調整済み) 調整後純利益を調整後総資産で割った値として計算された収益性比率。 ConocoPhillipsの資産利益率(調整済み)は2019年から2020年にかけて悪化したが、2020年から2021年にかけて2019年の水準に達していない。