Stock Analysis on Net

ConocoPhillips (NYSE:COP)

財務報告の質: 総見越額 

Microsoft Excel LibreOffice Calc

収益は、現金と見越の構成要素に分解できます。発生要素(総発生)は、現金要素よりも持続性が低いことがわかっています。したがって、(1)発生要素が高い収益は、発生要素が小さい収益よりも持続性が低く、他のすべてが等しい。 (2)収益の現金要素は、会社の業績を評価するためにより高い重み付けを受ける必要があります。


貸借対照表ベースの見越比率

ConocoPhillips、総見越額の貸借対照表計算

百万米ドル

Microsoft Excel LibreOffice Calc
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
営業資産
総資産 90,661  62,618  70,514  69,980  73,362 
以下: 現金および現金同等物 5,028  2,991  5,088  5,915  6,325 
以下: 短期投資 446  3,609  3,028  248  1,873 
以下: CenovusEnergyへの投資 1,117  1,256  2,111  1,462  1,899 
営業資産 84,070  54,762  60,287  62,355  63,265 
営業負債
負債合計 45,255  32,769  35,464  37,916  42,561 
以下: 短期債務 1,200  619  105  112  2,575 
以下: 長期債務 18,734  14,750  14,790  14,856  17,128 
営業負債 25,321  17,400  20,569  22,948  22,858 
 
純営業資産1 58,749  37,362  39,718  39,407  40,407 
貸借対照表ベースの総見越額2 21,387  (2,356) 311  (1,000) — 
財務比率
貸借対照表ベースの見越比率3 44.50% -6.11% 0.79% -2.51%
ベンチマーク
貸借対照表ベースの見越比率、競合他社4
Chevron Corp. -3.43% 2.95% -7.70% -1.93%
Devon Energy Corp. 88.90% -47.10% -38.45% -52.77%
Exxon Mobil Corp. -4.87% -6.54% 3.99% -0.16%
Occidental Petroleum Corp. -10.88% -27.45% 83.12% -0.40%
貸借対照表ベースの見越比率、セクター
石油、ガス、消耗燃料 1.59% -6.42% 6.48% -2.82%

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31)10-K (報告日: 2020-12-31)10-K (報告日: 2019-12-31)10-K (報告日: 2018-12-31)10-K (報告日: 2017-12-31)

1 2021 計算
純営業資産 = 営業資産 – 営業負債
= 84,07025,321 = 58,749

2 2021 計算
貸借対照表ベースの総見越額 = 純営業資産2021 – 純営業資産2020
= 58,74937,362 = 21,387

3 2021 計算
貸借対照表ベースの見越比率 = 100 × 貸借対照表ベースの総見越額 ÷ 平均純営業資産
= 100 × 21,387 ÷ [(58,749 + 37,362) ÷ 2] = 44.50%

4 計算を表示するには、競合他社の名前をクリックしてください。

財務比率 説明 会社
貸借対照表ベースの見越比率 比率は、貸借対照表に基づく総見越額を平均純営業資産で割ることによって求められます。 バランスシートベースの見越し計上率を使用して、ConocoPhillipsは2020年から2021年まで収益の質を悪化させた。

キャッシュフロー計算書ベースの発生率

ConocoPhillips、総見越額のキャッシュフロー計算書の計算

百万米ドル

Microsoft Excel LibreOffice Calc
2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31 2018/12/31 2017/12/31
コノコフィリップスに帰属する純利益(損失) 8,079  (2,701) 7,189  6,257  (855)
以下: 営業活動によるキャッシュ・フロー 16,996  4,802  11,104  12,934  7,077 
以下: 投資活動により得られた(使用された)純現金 (8,544) (4,121) (6,618) (3,843) 7,762 
キャッシュフロー計算書ベースの総見越額 (373) (3,382) 2,703  (2,834) (15,694)
財務比率
キャッシュフロー計算書ベースの発生率1 -0.78% -8.78% 6.83% -7.10%
ベンチマーク
キャッシュフロー計算書ベースの発生率、競合他社2
Chevron Corp. -4.57% -5.42% -7.47% -1.93%
Devon Energy Corp. -5.33% -43.26% -7.94% 13.48%
Exxon Mobil Corp. -6.69% -7.93% 3.24% 0.54%
Occidental Petroleum Corp. -13.55% -29.36% 42.90% -1.16%
キャッシュフロー計算書ベースの発生率、セクター
石油、ガス、消耗燃料 -6.06% -10.21% 3.46% -0.61%

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2021-12-31)10-K (報告日: 2020-12-31)10-K (報告日: 2019-12-31)10-K (報告日: 2018-12-31)10-K (報告日: 2017-12-31)

1 2021 計算
キャッシュフロー計算書ベースの発生率 = 100 × キャッシュフロー計算書ベースの総見越額 ÷ 平均純営業資産
= 100 × -373 ÷ [(58,749 + 37,362) ÷ 2] = -0.78%

2 計算を表示するには、競合他社の名前をクリックしてください。

財務比率 説明 会社
キャッシュフロー計算書ベースの発生率 比率は、キャッシュフロー計算書に基づく総発生額を平均純営業資産で割ることによって求められます。 キャッシュフロー計算書の見越計上率を使用して、ConocoPhillipsは2020年から2021年までの収益品質を改善しました。