Stock Analysis on Net

ConocoPhillips (NYSE:COP)

財務報告の品質: 集計見越計上 

Microsoft Excel

収益は、現金と見越計上コンポーネントに分解できます。発生主義要素(総見越計上)は現金成分よりも持続性が低いことが判明しているため、(1)発生率の高い収益は、発生率の低い収益よりも持続性が低く、他のすべては同じです。(2)収益の現金部分は、会社の業績を評価するより高い重み付けを受ける必要があります。


貸借対照表ベースの発生率

ConocoPhillips、貸借対照表の見越計上計算

百万米ドル

Microsoft Excel
2023/12/31 2022/12/31 2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31
運用資産
総資産 95,924 93,829 90,661 62,618 70,514
レス: 現金及び現金同等物 5,635 6,458 5,028 2,991 5,088
レス: 短期投資 971 2,785 446 3,609 3,028
レス: セノバス・エナジーへの投資 1,117 1,256 2,111
運用資産 89,318 84,586 84,070 54,762 60,287
営業負債
負債総額 46,645 45,826 45,255 32,769 35,464
レス: 短期借入金 1,074 417 1,200 619 105
レス: 長期借入金 17,863 16,226 18,734 14,750 14,790
営業負債 27,708 29,183 25,321 17,400 20,569
 
純営業資産1 61,610 55,403 58,749 37,362 39,718
貸借対照表ベースの集計見越2 6,207 (3,346) 21,387 (2,356)
財務比率
貸借対照表ベースの発生率3 10.61% -5.86% 44.50% -6.11%
ベンチマーク
貸借対照表ベースの発生率競合 他社4
Chevron Corp. 5.21% 0.03% -3.43% 2.95%
Exxon Mobil Corp. 3.91% -1.19% -4.87% -6.54%
Marathon Petroleum Corp. -3.17% 3.53% -23.90% -13.70%
Occidental Petroleum Corp. -0.56% 3.65% -11.15% -27.81%
Valero Energy Corp. 7.13% 8.66% -4.76% 4.56%
貸借対照表ベースの発生率セクター
石油、ガス、消耗燃料 4.18% 0.05% -2.67% -6.24%
貸借対照表ベースの発生率産業
エネルギー 4.31% 0.22% -2.56% -7.65%

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2023-12-31), 10-K (報告日: 2022-12-31), 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31).

1 2023 計算
純営業資産 = 運用資産 – 営業負債
= 89,31827,708 = 61,610

2 2023 計算
貸借対照表ベースの集計見越 = 純営業資産2023 – 純営業資産2022
= 61,61055,403 = 6,207

3 2023 計算
貸借対照表ベースの発生率 = 100 × 貸借対照表ベースの集計見越 ÷ 平均純営業資産
= 100 × 6,207 ÷ [(61,610 + 55,403) ÷ 2] = 10.61%

4 競合他社名をクリックすると、計算が表示されます。

財務比率 形容 会社
貸借対照表ベースの発生率 比率は、貸借対照表ベースの総発生額を平均純営業資産で割ることによって求められます。 貸借対照表ベースの発生率を使用すると、コノコフィリップスは2022年から2023年にかけて収益の質を悪化させました。

キャッシュフロー計算書ベースの発生率

ConocoPhillips、総見越計上のキャッシュフロー計算書計算

百万米ドル

Microsoft Excel
2023/12/31 2022/12/31 2021/12/31 2020/12/31 2019/12/31
コノコフィリップスに帰属する当期純利益(損失) 10,957 18,680 8,079 (2,701) 7,189
レス: 営業活動によるネットキャッシュ 19,965 28,314 16,996 4,802 11,104
レス: 投資活動におけるキャッシュ・フロー (12,000) (8,741) (8,544) (4,121) (6,618)
キャッシュフロー計算書ベースの見越計上 2,992 (893) (373) (3,382) 2,703
財務比率
キャッシュフロー計算書ベースの発生率1 5.11% -1.56% -0.78% -8.78%
ベンチマーク
キャッシュフロー計算書ベースの発生率競合 他社2
Chevron Corp. 0.58% -1.22% -4.57% -5.42%
Exxon Mobil Corp. -0.04% -2.93% -6.69% -7.93%
Marathon Petroleum Corp. -2.72% -4.94% 14.35% -11.70%
Occidental Petroleum Corp. -1.30% 2.84% -13.52% -29.21%
Valero Energy Corp. 4.40% 5.69% -9.15% 0.18%
キャッシュフロー計算書ベースの発生率セクター
石油、ガス、消耗燃料 0.59% -1.51% -4.28% -9.46%
キャッシュフロー計算書ベースの発生率産業
エネルギー 0.62% -1.25% -4.41% -10.74%

レポートに基づく: 10-K (報告日: 2023-12-31), 10-K (報告日: 2022-12-31), 10-K (報告日: 2021-12-31), 10-K (報告日: 2020-12-31), 10-K (報告日: 2019-12-31).

1 2023 計算
キャッシュフロー計算書ベースの発生率 = 100 × キャッシュフロー計算書ベースの見越計上 ÷ 平均純営業資産
= 100 × 2,992 ÷ [(61,610 + 55,403) ÷ 2] = 5.11%

2 競合他社名をクリックすると、計算が表示されます。

財務比率 形容 会社
キャッシュフロー計算書ベースの発生率 比率は、キャッシュフロー計算書ベースの総発生額を平均純営業資産で割ることによって求められます。 キャッシュフロー計算書ベースの発生率を使用すると、コノコフィリップスは2022年から2023年にかけて収益の質を悪化させました。