Stock Analysis on Net
Microsoft Excel LibreOffice Calc

Becton, Dickinson & Co. (NYSE:BDX)

配当割引モデル (DDM)

中程度の難易度

割引キャッシュフロー(DCF)評価手法では、株式の価値は、キャッシュフローの測定値の現在価値に基づいて推定されます。配当は明らかに投資家に直接流れるキャッシュフローであるため、キャッシュフローの最もクリーンで簡単な指標です。


固有の株価(評価の概要)

Becton, Dickinson & Co.、1株当たり配当金(DPS)予測

米ドル$

Microsoft Excel LibreOffice Calc
DPSt または最終値 (TVt) 計算 現在価値 10.80%
0 DPS01 3.16
1 DPS1 3.20 = 3.16 × (1 + 1.40%) 2.89
2 DPS2 3.31 = 3.20 × (1 + 3.42%) 2.70
3 DPS3 3.49 = 3.31 × (1 + 5.43%) 2.57
4 DPS4 3.75 = 3.49 × (1 + 7.45%) 2.49
5 DPS5 4.11 = 3.75 × (1 + 9.46%) 2.46
5 終値 (TV5) 336.46 = 4.11 × (1 + 9.46%) ÷ (10.80%9.46%) 201.48
BDの普通株式の本質的価値(1株当たり) $214.59
現在の株価 $258.75

ソース: Becton, Dickinson & Co. (NYSE:BDX) | Dividend discount model (www.stock-analysis-on.net)

1 DPS0 = BDの普通株式1株あたりの昨年の配当の合計。 詳細を見る »

免責事項!
評価は標準的な仮定に基づいています。株価に関連する特定の要素が存在する場合があり、ここでは省略されています。そのような場合、実際の株価は見積りとは大幅に異なる場合があります。投資の意思決定プロセスで推定固有株価を使用する場合は、自己責任で行ってください。


必要な収益率 (r)

Microsoft Excel LibreOffice Calc
仮定
LT Treasury Compositeの収益率1 RF 1.66%
市場ポートフォリオの期待収益率2 E(RM) 12.12%
BDの普通株の体系的なリスク βBDX 0.87
 
BDの普通株の必要収益率3 rBDX 10.80%

ソース: Becton, Dickinson & Co. (NYSE:BDX) | Dividend discount model (www.stock-analysis-on.net)

1 すべての未処理の固定クーポン米国財務省証券の10年未満で返済されない、または呼び出すことができない、加重されていない入札利回りの平均(リスクなしの収益率)。

2 詳細を見る »

3 rBDX = RF + βBDX [E(RM) – RF]
= 1.66% + 0.87 [12.12%1.66%]
= 10.80%


配当成長率 (g)

PRATモデルが示唆する配当成長率( g

Becton, Dickinson & Co.、PRATモデル

Microsoft Excel LibreOffice Calc
平均 2020/09/30 2019/09/30 2018/09/30 2017/09/30 2016/09/30 2015/09/30
選択された財務データ (百万ドル)
普通配当 888  832  775  645  562  485 
現金配当、優先 107  152  152  70  —  — 
当期純利益 874  1,233  311  1,100  976  695 
収入 17,117  17,290  15,983  12,093  12,483  10,282 
総資産 54,012  51,765  53,904  37,734  25,586  26,820 
株主資本 23,765  21,081  20,994  12,948  7,633  7,164 
財務比率
内部留保率1 -0.16 0.23 -3.87 0.37 0.42 0.30
利益率2 4.48% 6.25% 0.99% 8.52% 7.82% 6.76%
資産の回転率3 0.32 0.33 0.30 0.32 0.49 0.38
財務レバレッジ比率4 2.27 2.46 2.57 2.91 3.35 3.74
平均
内部留保率 0.23
利益率 5.80%
資産の回転率 0.36
財務レバレッジ比率 2.88
 
配当成長率 (g)5 1.40%

ソース: Becton, Dickinson & Co. (NYSE:BDX) | Dividend discount model (www.stock-analysis-on.net)

2020 計算

1 内部留保率 = (当期純利益 – 普通配当 – 現金配当、優先) ÷ (当期純利益 – 現金配当、優先)
= (874888107) ÷ (874107)
= -0.16

2 利益率 = 100 × (当期純利益 – 現金配当、優先) ÷ 収入
= 100 × (874107) ÷ 17,117
= 4.48%

3 資産の回転率 = 収入 ÷ 総資産
= 17,117 ÷ 54,012
= 0.32

4 財務レバレッジ比率 = 総資産 ÷ 株主資本
= 54,012 ÷ 23,765
= 2.27

5 g = 内部留保率 × 利益率 × 資産の回転率 × 財務レバレッジ比率
= 0.23 × 5.80% × 0.36 × 2.88
= 1.40%


ゴードン成長モデルが示唆する配当成長率( g

g = 100 × (P0 × rD0) ÷ (P0 + D0)
= 100 × ($258.75 × 10.80% – $3.16) ÷ ($258.75 + $3.16)
= 9.46%

どこ:
P0 = BDの普通株の現在の株価
D0 = BDの普通株式1株あたりの昨年の配当の合計
r = BDの普通株の必要収益率


配当成長率( g )予測

Becton, Dickinson & Co.、Hモデル

Microsoft Excel LibreOffice Calc
gt
1 g1 1.40%
2 g2 3.42%
3 g3 5.43%
4 g4 7.45%
5以降 g5 9.46%

ソース: Becton, Dickinson & Co. (NYSE:BDX) | Dividend discount model (www.stock-analysis-on.net)

どこ:
g1 PRATモデルによって暗示される
g5 ゴードン成長モデルによって暗示される
g2, g3 そして g4 間の線形補間を使用して計算されます g1 そして g5

計算

g2 = g1 + (g5g1) × (2 – 1) ÷ (5 – 1)
= 1.40% + (9.46%1.40%) × (2 – 1) ÷ (5 – 1)
= 3.42%

g3 = g1 + (g5g1) × (3 – 1) ÷ (5 – 1)
= 1.40% + (9.46%1.40%) × (3 – 1) ÷ (5 – 1)
= 5.43%

g4 = g1 + (g5g1) × (4 – 1) ÷ (5 – 1)
= 1.40% + (9.46%1.40%) × (4 – 1) ÷ (5 – 1)
= 7.45%